ジェネリック医薬品について

​ジェネリック医薬品(後発品)とは先発医薬品(先に発売されたもの)の主成分の特許が切れ、その成分を使用して作られている医薬品です。

先発医薬品の特許には成分のほかに製法、製造にも特許があります。主成分によっては不安定なものであったり、薬に持続性や徐放性を持たせたりすることがあり、これには製法と製造の過程が関わっています。

ジェネリック医薬品が発売される時にはこの2つが特許が残ってることが多いため、後発品メーカーそれぞれが違う製法、製造方法、添加物を使用して同様の効果の医薬品を製造しております。ようするに同じ料理のメニューをそれぞれ違うレシピで作っているということです。

その中でも最近徐々に増えてきているのがオーソライズドジェネリックというものです。これはジェネリックはジェネリックなのですが、先発医薬品の特許の使用許可を得て製造したもので、成分はもちろん製法、製造まで同じように作られているジェネリック医薬品です。先発品と名前は違いますが、値段が下がるだけの全く同じものと言えます。

当薬局ではまだまだ数は少ないもののこのオーソライズドジェネリックを積極的に採用し、ご提案しております。またオーソライズドジェネリックが存在しないものは、コスト、生産地、流通を考えて取り扱っております。今後も患者様に安心できる医薬品を提供できるように取り組んでいきます。

​HOME

Copyright © 2016株式会社西田薬局 All Rights Reserved プライバシーポリシー 利用規約